お知らせ

介護職員の介護処遇改善手当

増額になりました。

求人案内をご覧ください。 

 

全国老健大会大阪にて、 当施設職員の介護福祉士  野城淳也が、優秀奨励賞に 表彰されました。 

求人情報

組織変更に伴い急募

1.地域包括支援センター

    主任ケアマネ1名

 

2.介護職員随時募集

 

職種その他お問い合わせ下さい。

子連れ出勤可能です。

適度な緊張感と笑いあふれるアットホームな職場です。

社団医療法人英静会

(住所) 日光市根室607-5

(電話) 0288-26-6500

(FAX) 0288-26-6522 

E-mail

AEB01510@nifty.com

 

自立支援に基づいた包括的なリハビリで、自己肯定感向上とQOL向上を目指します。「出来ない事」を「出来る事」へ、小さな一歩を全力サポート!!

介護保険サービスのご利用は、皆様のニーズにあっているか否かがとても重要です。

当法人の取り組みの特色や学会発表の内容等は是非ご確認ください。

見学、ご説明歓迎致します。但し業務の都合上、事前のご予約をお願い致します。

事業方針

英静会 介護保険事業 統括責任者 中口和彦

はじめに 

 明治開業の森病院を母体とする英静会の介護保険事業では、地域に支えられ3施設9事業を運営しています。      

 限られた資源(人、物、環境)の中でも「最高でなくとも”最良の施設”」を目指し、「自立支援」や「QOL向上」を共に図っていきたいと考え、発展途上ですが、常に情熱は忘れない姿勢で地域と共に成長していきたいと考えています。  

 1、高齢者医療・ケアの考え方  

 高齢者の症状は長期に多様かつ非定型に現れ、個体差が非常に大きくなりますが、生命の宿命である生体機能の衰えは避けて通れません。つまり病気や障害の治癒を絶対的なゴールと考えない視点が重要で、究極の目的は人生の主観的な満足度である「QOLの向上」と考え、介護保険の理念でもある「自立支援」の考えを基に、「具体的かつ統一したゴール設定と、ケアやリハビリ」を目指しています。過剰でも過少でもない適切な医療やケアを個々に検討し、進めていかなければならないと考えています。

2、自立支援の考え方   

 人は障害や高齢による不自由さがあっても、決して「かわいそうな人」で無く、なるべく社会性を維持し、たとえ小さな事でも自己で選択・決定し、責任も持てる事で、最後まで「生きる事の尊厳(命の質では無い)」を持ち続けるべきと考えます。「やさしさの押しつけやはき違え」は避けたいと考えています。

3、QOL(生活の質)向上の取組み

 「ナラティブ」の考えから、「自分史」を意識したケアに取り組み、ご家族と共に人生を肯定出来るような取組みに努力しています。入所では「夢」を設定しケア目標としています。

4.リハビリ方針  

 継続的かつ実用的効果のため「自主性、自律性向上」を目標としたリハビリを提供します。  リハビリ専門職はマネージメントもし易く、相談業務もお手伝いいたします。  

5.近年の取り組み  

 「組織とシステム作り」が最も重要と考え、改革に取り組んで参りました。

  「個人任せ偏った体験・経験主義職種のプライドによる衝突での落とし所のない議論文鎮型組織や当たり前の指導が出来ない状況での管理職の意欲低下」といった傾向が、サービス低下、優秀な職員の意欲低下や流出につながっていると感じたからです。

 そこで「権限と結果責任、職種の対等(職種より医療・福祉専門職としての倫理観が上位)、物事を決定する過程などの明確化」などで、ケアやリハビリ、高齢者医療の方針など常に議論と決定過程を意識することを心掛けて参りました(無論個々の専門性や倫理意識の向上には常に努力を促しております)。

 ケアプラン作成においても、老健協会が勧めているドーナツ型組織を基本とし、ご利用者が混乱しないよう、なるべく統一したケアを心掛けています(これがかなり難しいのです…)。

6.教育方針 抜粋

  ☑ 公平とは何かを常に考える

  ☑ 専門職としての倫理観(常に価値(より良きこと)を追い求める)をもつ

  ☑ 覚悟を持つ

  ・決定したことは遵守する

  ・守るべきは守り変えるべきは変える

  ・業務は常に新たな提案をする(たとえ一文字でも書類を変えていく等・・)

  ・変化こそ楽しむ

  ・目先にとらわれすぎず、自他共に人生を考える

  ・人の成長は他者から得られる(自身の狭い世界だけでものを考えない)

  ・自身の不満を一般論に置き換えない

  ・業務上フォローされる側の人、フォローする側の人は各々それを理解し、人事考課を取り

   入れ、双方感謝する土壌を作る

  ・意見や不満があれば、業務企画を提出し、公に検討する。

  ・その他・・・

 

【資格等】

  理学療法士

  保健医療学修士

  介護支援専門員

  認知症介護実践者研修修了

  認知症対応型サービス事業管理者研修修了

  訪問リハビリ管理者研修STEP3・フォローアップ研修・管理者研修修了

      

  甲種防火管理者講習修了

  

【活動】

  聖徳大学社会福祉学科兼任講師(千葉県介護初任者研修講師)(H20~  )

  日光市介護認定審査会委員 (H23~  )

  日光市地域ケア推進会議委員(H28~  )

  栃木県理学療法士会代議員、地域包括ケア推進リーダー県北ブロック長 (H27~    )

  日光リハビリネットワーク 代表 

  認知症対応型サービス事業等管理者研修講師 

  介護予防教室モリ森塾長

  ***************************************

  矢板市介護認定審査会委員 (H13~17)

  日光市高齢者・災害者支援ネットワーク構築推進協議会委員 (H22~26)

  第5期日光市介護保険運営協議会委員(H24~27)

  第27回介護福祉士国家試験実地試験委員(H27)

  

 

本部外観社団医療法人 英静会 介護保険分野 
本部外観 英静会 介護保険事業